スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Civ4マルチ講座⑤ ライフルルート

GNPが高い時(首都に小屋がたくさん建てられる時)によく狙うルート
あとは鉄がない時とかに仕方なく行く
科学者による大学ジャンプと活版印刷ジャンプを狙うため、序盤から科学者を雇い続けている都市が必要になる。
最低でも教育か活版印刷どちらかは科学者のジャンプを使いたいところ
研究ルートは鋳金⇒機械⇒封建制⇒ギルド⇒銀行と進みつつ、間に科学者が沸くタイミングで紙を取り、教育ジャンプ、アルファベットを取り、活版印刷ジャンプを使う。
科学者が一人しか出なさそうな時は軍備のことを考え、機械か封建を取ってメイスか長弓を出してから教育を自力で取り(この時点に科学者が間に合うなら教育ジャンプで活版自力)科学者が沸くTにアルファベットを取り、活版にジャンプする。
活版を取ったら火薬を取り、ライフルの元、マスケットを量産し、共通規格⇒ライフリングと進む
共通規格を取った時点で自由主義が残っている場合、哲学⇒自由主義と進み、ライフルジャンプするのもおすすめ。
スポンサーサイト

Civ4マルチ講座④ グレカノルート

鉄がある時に行くルート
擲弾兵とカノンを主力にするからグレネードカノンルート、通称グレカノ
研究順は
鋳金⇒機械⇒封建制⇒ギルド⇒銀行⇒工学⇒火薬⇒化学⇒鋼鉄⇒軍事化学
機械が終わったらメイスを量産、工学が終わったらトレブを量産
胸甲ルートの時と同様にカースト重商で大商人を用意しておくとUGが楽
メイスは擲弾に、トレブはカノンにUGできる

また、このルートは天文学との相性が良く、セットで取る人が多い
海に接している場合は天文学も欲しいところ
ちなみに海を守る場合はキャラベル船を作っておけばフリゲート船にUGできる

Civ4マルチ講座③(胸甲騎兵ルート)

馬鉄ある場合のルート

研究は鋳金⇒機械⇒封建制⇒ギルド⇒騎乗でまず騎士を量産する
騎士は戦闘力だけを見れば10で機動力もあり、攻城兵器を潰せるので、騎士を量産しておけば攻められた時も安心なのでとりあえず騎士を量産しまくる 厩舎を建てるのを忘れずに
ギルドが終わった時点で首都には雑貨商を建てる
ギルドが終わるまではメイスを作っておくと騎士のアンチユニットの長槍対策になる

ギルドからの研究ルートは大きく分けて3通り
①銀行制度⇒工学⇒火薬⇒美学⇒文学⇒音楽⇒哲学⇒ナショナリズム⇒職業軍人
銀行制度が終わったTに重商主義とカースト制度を導入し、どこか飯の多い都市で商人を二人雇って大商人を1人出す。もしくは1人目の大商人を黄金期に使い、その黄金期中にもう一人大商人を出す
職業軍人が終わったら研究を0%にし、大商人を他国に埋めて得た収入と合わせ、騎士を胸甲騎兵にアップグレートする。
②美学⇒文学⇒音楽⇒銀行制度⇒工学⇒火薬⇒哲学⇒ナショナリズム⇒職業軍人
音楽研究の大芸術家ボーナスを狙うルート
最初に音楽を取ると大芸術家を貰うことが出来る。黄金期要員。
先に音楽を取るかどうかの基準はアレクサンドリア図書館が建っているかいないか
中盤までに文学に行き、アレクサンドリア図書館を建てた文明は大抵、ついでに音楽を取るのであまり期待できない。逆に、アレクサンドリア図書館が建ってない場合、音楽が残っている可能性が高い
ちなみに文学まで取れば、画面上のテクノロジーが表示される所をクリックすると次に研究可能なテクノロジーが表示されるので、そこで音楽にカーソルを合わせると、大芸術家が残っている場合、「最初に研究を終えた文明は~」といった説明文が出る。(宗教創始なども同様)
大芸術家で黄金期を使った後、黄金期中にカースト重商を入れ、後は①と同じ
③哲学⇒ナショナリズム⇒銀行制度⇒工学⇒火薬⇒美学⇒文学⇒音楽⇒職業軍人
世界遺産タージマハルによる黄金期を狙うルート
当たり前だが、タージマハルが建ってないことが前提。大理石がある時によく狙う
タージマハルが建ったら、その黄金期中にカースト重商を入れ、後は①②と同じ
もちろん、音楽が残ってそうならタージマハルを建てながら、ナショナリズムの後に音楽に行くのも可

以上が胸甲騎兵ルート
T数に余裕があれば、その後化学⇒鋼鉄と行き、胸甲騎兵&カノンが最終兵器となる

職業軍人と鋼鉄両方が終わる自信がなく、音楽もタージマハルも先を越されそうな場合は騎士が出せるようになったら銀行⇒火薬⇒化学⇒鋼鉄と進み、騎士&カノンを最終兵器にするのもお勧め。

civ4講座②

50T~の過ごし方 (80~100Tくらいまで)

50T超えて宣戦されなかったら隣国のエネルギーに合わせる感じで兵士を生産
首都に図書館を建て、第二第三都市に飯資源がある場合はそちらにも一つ図書館を建てて大科学者を科学者を二人雇う。第二第三に飯資源がない場合は首都で科学者二人雇用
世襲制を入れれるようになる前に全都市に穀物庫を建てる
世襲制採用後、不衛生が出る前に水道橋を建てる
都市を出せるスペースがあれば5都市目まで出す 開拓者はどこで生産しても良い。あまり時間がかかって他国にスペースを取られて開拓者が無駄にならないように注意
新しい都市の生産物は穀物庫⇒(灯台)⇒兵舎⇒兵士
隣国にエネルギーを合わせるが、必要以上に上げる必要はない
兵士が十分だと思ったら裁判所や遺産加速資源があれば遺産を建てる。通貨が終わった後なら富生産も良い。市場などのgnp加速建造物は首都だけで良い(専門家雇用のための図書館を除く)

労働者は首都の草原に小屋、第二第三の草原に農場、丘に鉱山を改善

研究は数学⇒君主主義⇒官吏⇒通貨⇒鋳金と進む
海岸都市がある場合は君主の前に帆走を取り、灯台を建てる
隣国が建築を取り、自国に攻めてきそうな時はこちらも速やかに建築を取る
世襲制は不満が出ているならすぐに入れ、官僚制は官吏が終わったらすぐ入れる
通貨が終わったら首都で市場を建てる。以後、gnp加速建造物が生産可能になったら首都にすぐ建てる
鋳金が終わったら首都以外に溶鉱炉を建て、労働者は平原に工房を作る

ここから先は資源によってルートが変わる
鉄と馬がある⇒胸甲騎兵ルート
鉄がある⇒ボムカノルート
鉄がない⇒ライフルルート

どのルートに行くにしてもここまでは大体同じ
ライフルルートに行く時は科学者ジャンプで教育と活版印刷にビーカーを入れるのが定石だけど、立地によるので省略。
gnpの高い国、低い国の大体の基準が官僚制を何T目に入れるかでわかるため、他の国の官僚制を採用するTに注意するのをおすすめ。大体の基準は70T前だと早く、80T後半だと遅い

ここまでが地盤で、ここから先は最終兵科のUG元を作る流れになる







civ4 講座①

とりあえず講座の趣旨としては
civ4マルチでの基本的な戦略、気が向いたらもうちょっと深くまで掘り下げていく感じで
最初はciv4マルチにおけるテンプレ的なものを

まず、第一回は50T(戦争解禁)までの立ち上がり

①首都配置
今度、別の記事で書く
②都市の生産
初手生産は労働者  
労働者が出たら首都人口2になるまで兵舎
人口2になったら開拓者
まだ都市を出せるスペースがあるなら首都でもう一人開拓者生産
第二都市ではモニュメント⇒労働者⇒兵舎⇒兵士で生産 創造志向ならモニュ省略
首都で開拓者が出たら兵舎を完成させ、兵士を生産 
第三都市もモニュメント⇒労働者⇒兵舎⇒兵士で生産  創造志向ならモニュ省略
③研究ルート
1.初手 首都にある食料資源を改善できる技術
豚牛があるなら畜産 米小麦とうもろこしがあるなら農業
両方ある場合は畜産優先でどちらか片方だけで良い
※労働者が出るTまでに畜産が取れない場合は農業優先
2.採掘⇒青銅器
3.神秘主義
4.首都、第二、第三都市の食料資源を改善できる技術
5.車輪 (銅馬がなかったら弓術)
6.陶器
7.筆記
④労働者の動かし方
1.首都の飯資源改善
2.青銅が終わっていれば森を伐採して開拓者にハンマーを入れる、終わっていなければ首都の鉱山改善(銅象牛などハンマー資源あれば優先して改善。石大理は丘上なら鉱山でok)
3.開拓者を出し終わったら第二都市の食料資源改善、無かったら首都に鉱山
4.第二都市で生まれた労働者は第二都市の飯改善(飯資源がない場合は草原を農場に)
5.第三都市も同様
6.首都の人口配置が飯資源と鉱山のみになるのを目指す。第二第三都市は飯資源or農場と鉱山1枚になるのを目指して改善。
7.改善できたら伐採伐採
50Tで攻められた時、都市隣の森に入られるとやっかいなので、都市隣の森を優先して伐採

※首都に陸飯資源があり、3都市出せるスペースがある立地(一般的な立地)での立ち上がり
極狭立地、極広立地、海上資源のみ立地、糞立地、神立地は例外

これだけできれば首都人口5以上第二第三都市人口2 兵士10以上出てるはず
初期ラッシュくらっても一国なら跳ね返せる(たぶん)

こんな感じで、ここに書かれてる通りにやってれば時間部屋で15回くらいに1回は勝てるみたいなのを書いていこうと思う。
人の言う通りにやって何が面白いの?って思うかもしれないけど、勝つためには絶対に必要なテンプレみたいなもの。勝つためには何も考えずにこれができないと話にならないレベルのものを書いていこうと思います。



ぶっちゃけまーくん用
まーくんciv4配信して
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。