スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Civ4マルチ講座③(胸甲騎兵ルート)

馬鉄ある場合のルート

研究は鋳金⇒機械⇒封建制⇒ギルド⇒騎乗でまず騎士を量産する
騎士は戦闘力だけを見れば10で機動力もあり、攻城兵器を潰せるので、騎士を量産しておけば攻められた時も安心なのでとりあえず騎士を量産しまくる 厩舎を建てるのを忘れずに
ギルドが終わった時点で首都には雑貨商を建てる
ギルドが終わるまではメイスを作っておくと騎士のアンチユニットの長槍対策になる

ギルドからの研究ルートは大きく分けて3通り
①銀行制度⇒工学⇒火薬⇒美学⇒文学⇒音楽⇒哲学⇒ナショナリズム⇒職業軍人
銀行制度が終わったTに重商主義とカースト制度を導入し、どこか飯の多い都市で商人を二人雇って大商人を1人出す。もしくは1人目の大商人を黄金期に使い、その黄金期中にもう一人大商人を出す
職業軍人が終わったら研究を0%にし、大商人を他国に埋めて得た収入と合わせ、騎士を胸甲騎兵にアップグレートする。
②美学⇒文学⇒音楽⇒銀行制度⇒工学⇒火薬⇒哲学⇒ナショナリズム⇒職業軍人
音楽研究の大芸術家ボーナスを狙うルート
最初に音楽を取ると大芸術家を貰うことが出来る。黄金期要員。
先に音楽を取るかどうかの基準はアレクサンドリア図書館が建っているかいないか
中盤までに文学に行き、アレクサンドリア図書館を建てた文明は大抵、ついでに音楽を取るのであまり期待できない。逆に、アレクサンドリア図書館が建ってない場合、音楽が残っている可能性が高い
ちなみに文学まで取れば、画面上のテクノロジーが表示される所をクリックすると次に研究可能なテクノロジーが表示されるので、そこで音楽にカーソルを合わせると、大芸術家が残っている場合、「最初に研究を終えた文明は~」といった説明文が出る。(宗教創始なども同様)
大芸術家で黄金期を使った後、黄金期中にカースト重商を入れ、後は①と同じ
③哲学⇒ナショナリズム⇒銀行制度⇒工学⇒火薬⇒美学⇒文学⇒音楽⇒職業軍人
世界遺産タージマハルによる黄金期を狙うルート
当たり前だが、タージマハルが建ってないことが前提。大理石がある時によく狙う
タージマハルが建ったら、その黄金期中にカースト重商を入れ、後は①②と同じ
もちろん、音楽が残ってそうならタージマハルを建てながら、ナショナリズムの後に音楽に行くのも可

以上が胸甲騎兵ルート
T数に余裕があれば、その後化学⇒鋼鉄と行き、胸甲騎兵&カノンが最終兵器となる

職業軍人と鋼鉄両方が終わる自信がなく、音楽もタージマハルも先を越されそうな場合は騎士が出せるようになったら銀行⇒火薬⇒化学⇒鋼鉄と進み、騎士&カノンを最終兵器にするのもお勧め。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。